2013年5月14日火曜日

音楽とボク

思い出すに、最初に聴いた音楽はいわゆる”アメリカンポップス”だった。小学校の4年生のとき、近所の遊び友達の家にステレオがあった。その子はその当時ヒットしていた曲のSP版のレコード(裏表に一曲ずつ入っている物)を月に何枚か買ってきてはぼくに聴かせてくれた。1960年代の舶来(うわー、自分でも”古臭ーい”表現だと今書きながら思う)の音楽だった。エルビスプレスリーやクリフリチャード(クリフはイギリス人だが、我々には”アメリカンポップス”の一部だった)など。その次に、聴いたのはビートルズの音楽だった。ツイストアンドシャウト(Twist and Shout)や
I Wanna Hold Your Hand はそれは衝撃の音楽だった。10歳そこそこの子供にもロックンロールの
リズムとそのビートに体中が打ち震えたのをおぼえている。(ちょっとオーバーかな)
その後、中学生になりギターに興味を持ち、道路建設会社の現場監督をしていた父にある年の
春休みにアルバイトに雇ってもらい働いて貯めたはじめてのお金でフォークギターを買った。
1万円ちょっとだったと思う。ぼくには大金だった。うれしかった。勉強はそこそこで毎日ギターの
コードをおぼえたり、アルペジオ奏法やピックを使ってかき鳴らしたりした。高校にあがり
クラスメートとフォークソングのバンドを組んでBrothers FourやPPM (Peter、Paul,& Mary)
などの曲をコピーして学園祭などで歌った。十代の終わりの2年くらいは友人とトリオを結成し、
オリジナル曲(自分たちで作った曲)を歌った。ぼくはウッドベースとギター(とハモリ)の担当。
楽しかった!ウクレレもこの頃弾き始めた。当時は安物のウクレレだった(今はカマカの
8弦テナーウクレレを愛用)。
24でハワイの大学に進学(ブログの最初の記事に大学の事、書いてます)。そこで、
コンテンポラリーハワイアンミュージック、ポリネシアン音楽ーマオリ、サモア、タヒチ、トンガ、
クック諸島)に触れ、それ以来、ハワイアンを演奏し、これら南太平洋の音楽を聴くのが
趣味になっている。ジャンルにとらわれずに何でも聴くが、何故か、これらのポリネシアンミュージック(ハワイアンを中心に)が好きだ。自分に合ってる。また、心が癒される。何故だろう?
言葉ではうまく言えないが、ポリネシアの常夏の気候、青い空や海、屈託のない朗らかな
人々とそのライフスタイルから生まれた音楽はぼくの心に響き浸透する。
Brothers Cazimero, NaLeo, Kalapana, Teresa Bright、IZ,Makaha Sons, Keali'i Reichel などもよく聴く。今は、毎晩(almost)、寝る前にギターでひき語りをしたり、ユーチューブで好きな曲を動画で"聴く”のが楽しみであり、心のヒーリングの一部になっている。

2013年5月1日水曜日

Earthing


"The highest form of ignorance is when you reject something you don't know anything about." (Wayne Dyer) : (訳)至上の無知というのは自分が何もしらない事柄を(頭ごなしに)拒否すること。(ウエイン・ダイアー)

今回は、アーシング(Earthing)または、グラウンディング(Grounding)とよばれる
健康法について紹介しよう。妻がネットで知ったのはもう何年か前になるが、私に
教えてくれ、二人でそれ以来やっている。
あなたは太陽の下で浜辺や芝生をはだしで歩いたことがあるでしょう。どんな気持ちでしたか?何か”気持ちよい感じ”があったのではないでしょうか?それが大地からの癒しの力だとしたら?
以下の英語のネットのサイトの記事の抜粋を日本語に
してみました。シニアも、働き盛りの人も,WiFiをはじめ様々な電磁波をあびている
スマートフォン&ネット世代も炎症をとり、疲れを癒してくれるすばらしい健康法です。
 
Grounding (Earthing):

Mercola.com
Articles.mercola.com/sites/articles/archive/2012/10/10/plavix-health-risks.aspx
上記のサイトの記事からの抜粋(翻訳):
.... プラビックスのような血液をサラサラにする薬にとってかわる最もシンプルでコストもかからない(無料)、そして、効果の表れる方法の一つがグラウンディング(grounding)
である(”アーシング”-Earthing)としても知られている。この概念は当初、クリント・
オバー(Clint Ober) により開発された。最も簡潔な言葉で言えば、アーシングとは
「ただ、素足で歩くこと」である:大地に自分の体を接触(グラウンド)させることである。
この概念を「プラシーボまがいの幻想にすぎない」と一蹴する前に、グラウンディングの方法や実際の効果についての科学論文が12以上発表されていることを記しておく。
グラウンディングをすると大地から自分の体内に自由(活性)電子(Free Electrons)が入ってくる。
おそらく、この自由電子は人類史上、最も効力のある抗酸化物質(anti-oxydant)であろう。
炎症(inflammation) は、ほとんど、すべての疾病の特徴である。ゆえに、慢性炎症を
防ぐことが健康を包括的に守るカギとなる。
概して、素足はとてもよいコンダクター(伝導体)である。体のどの部分を地面につけても
よいが、あえて言うならば、効果絶大な部位がある。それは母指球(歩行時に地面を踏みしめる部位)で、体のあらゆる部分に関連する指圧のツボである。
グラウンディングは健康な細胞組織に侵入してくるフリーラジカル(活性酸素)をすぐさま
電気作用で中和してくれる。これは地面の電子はマイナスであり、フリーラジカルはプラスであるので、お互いを相殺(帳消し)するからである。
血液をサラサラにする薬の代替としてもう一つ非常に重要な発見がある。それは
グラウンディングは血液を薄めてくれる(粘度を下げる)ということである。
基本的にプラビックスがやってくれると同じ働きをするということである(しかし、
グラウンディングの方は比較にならないほど安全である)。

グラウンディングが血液をサラサラにしてくれるわけ
Dr.シナトラはDr.オスクマンを中心とした研究チーム(ゼータ電位"zeta potential"とよばれる血液の粘度を測る方法の一つに関する研究)を指導してきた。
この研究で、グラウンディングすると血中細胞の赤血球の電位はすばやく
上昇する、つまり、赤血球がお互いを“はじき合う”ので表面上でより多く充電
(charge) することがわかった。この働きが血液をサラサラにし、血流もよりなめらか
にさせ、同時に、血圧も下げてくれる。
このことでもう一つ明らかになったことは、赤血球がお互いに”はじき合う”ことにより、
お互いにくっつきにくくなり、血栓を作りにくくしてくれるということである。
命取りになりうる肺塞栓のような血栓ができるのに血液の固まりは大きなサイズでなくてもよいのである。ゆえに、このことは非常に有益なはたらきになる。加えて、赤血球の
ゼータ電位が上がると(上記のはたらき)を促進してくれる。
心臓病のリスクを軽減してくれるのみでなく、脳で起きる多くの血栓による脳細胞壊死
からもたらされる色々な梗塞痴呆になるリスクをも軽減してくれる。
Journal of Alternative and Complementary Medicine (peer-reviewed)
(代替&補完的医療ジャーナル誌-査読済に載った血液の粘度に関する論文によると、
グラウンディングを2時間行った場合、赤血球の表面への充電が上昇し、その結果、
血液の粘りと凝集度が減少した。著者は、グラウンディングは心臓病になるリスクおよび
症状を減少させる最もシンプルで役立つ介入方法(intervention)であると語っている。
明らかに、もっともシンプルなグラウンディング方法は、素足でも安全な屋外の場所で、
「素足で歩くこと」である。しかしながら、「都会に住むアスファルトやコンクリートに
囲まれて生活している人たちはどうしたらよいのか」「これらアスファルトやコンクリート
上でできるのか」「自然の道路はどうでしょうか」「どの種の地面が最も効果があるのか」
などの問いに関して答えるならば、
まず、これら様々な地面によっては大きな違いがあるということです。
素足で歩く最適な場所はビーチ、水中、又は、水辺(海水は理想的なコンダクターである)
である。体の主成分は水分であることから関連性は大である。
その次に良い場所は草地、とくに、露にぬれた草地がよい。
(早朝歩くと朝露に触れられる)。
コンクリート(その下が地面/土である)もよいコンダクターである。
塗装した(painted)コンクリートは電子を通さないのでおすすめできない。
その他、アスファルト、木、プラスチック(合成樹脂)、クツ(ゴムや合成樹脂底)も
電子を通さないので適さない。
追加参照資料:1.www.earthing.com
       2.著書 Earthing (by Clint Ober, Stephen T. Sinatra, M.D.,
                  Martin Zucker),その他の記事によると一日30分を一回
         から2回を提案している。(2時間やらなくてもOK)