2012年5月16日水曜日

Hawaiian? ハワイアン?

ハワイにはHawaiianと呼ばれるNative (土着の人たちーちょっと古臭い言葉だが)がいるが、
現在その数は本当にわずかである。白人やアジア系との結婚などでhapa(ハーフ)やmixed/chapsui(混血)になってきている。その他のハワイアン(ハワイ人/ハワイの人)と言えば、アメリカ本土から移って来た白人(約30%)、アジア系(約40%), その内、日系が約20% (日系の内、沖縄系が30%),ハワイを含むポリネシア系が約10%, ヒスパニック系(ポルトガル、メキシコ、プエルトリコなど)が9%などとなっているが、いろんな国から移民してきた人々とその2世、3世、4世、さらに続いている、いわゆる「ロコ」達を指す(現在も毎年相当な数の移民がハワイにもやって来ている)。
もちろん彼らの多くも混血なので、一概に何々系という風に区別できない面もある。ハワイは文化と人種のるつぼ(melting pot) なのだ。
ハワイに行った方は「ここはアメリカ?」と思われた方が多いのでは?街を歩いてもアジア系がいっぱい。中でも日系が目立つ。名前も新里(シンサト)、仲間(ナカマ)、喜屋武(キヤブと呼ぶ;キャンではない)など沖縄系の名前をよく見かける。ご存知のようにハワイにはサトウキビ労働者としてポルトガルや日本、フィリピンなどから移民が集められた。一攫千金を夢見て日本人も(次男以下の貧しい出稼ぎ目的のものが多かった)神戸からの移民船に乗った。 一世たちは身を粉にして働いた。そして、子供たちを大学にやった。ハワイで確か最初のアジア系の知事はジョージ・良一・有吉さんだったと思うが(私が20代でハワイの大学に通っていたあたりは確か彼がまだ知事をしていたはず)、彼は日系2世で、両親は移民としてハワイにやって来、苦労して息子のジョージを学校に
やった。現在、日系は州や政府、官公庁などの公務員や医師や弁護士、警官などハワイ州になくてはならない要職に就いている人たちが多い。
話がちょっと逸れたが、日本人がハワイ大好きな理由の一つがアメリカであってアメリカらしくない
州?だからだと思う。それはアジア系、特に、日系人が多く、身近にーアットホームーに
感ずるからだと思う。日系ロコたちはクリスマスにハムや(時折、七面鳥も出される)その他、
アメリカの料理とともに「たくあん」をメニューの一品として必ずと言っていいほど出す。スーバーに行ってもたくあんはかならず置いてある。もちろん、日系だけではなくハワイのロコたちに
なくてはならないハワイアン料理の一つになっている。年配の日系人たちは親や先祖たちの
出身地(広島弁、熊本弁など) の方言まざりの日本語を話す。私とワイフの古い友人に
ヒデオとトモエがいる。マウイのカフルイに住んでいる。もう80代後半であるが、毎年
必ず二人で日本に旅行に来る。それぞれ、2世、3世だが、我々以上に「日本人」的な
ところがある。日本に来るときは必ずおみやげを持ってくる。こちらも、二人に会うときは
お土産やお返しをする。彼らはアメリカ人だが「日本文化」をもった日系のハワイ人(ロコ)なのである。

0 件のコメント:

コメントを投稿