2012年4月29日日曜日

Maui No Ka Oi


Maui No Ka Oi  [マウイはナンバーワン(一番)」という意味。
大学を出て、妻の家族が住んでいるマウイ島のキヘイという小さな町に住むことになる。キヘイは島の南西にあり、すぐ隣はワイレアというハワイ、そして、
マウイでも屈指のリゾートがあるが、キヘイはコンドミニアムがかなりあって最低、1-2週間くらい滞在するカナダや本土のリピーターが毎年やって来て目の前のビーチ(kam 1, 2, 3, やkeawakapuビーチなど)で一日中のんびりすごすのだ。
(右上写真:Keawakapu Beachから西マウイを撮る。
右下:妻の妹の家から見たラナイ島に落ちる夕日)
左記にあげたビーチからのサンセットはMaui No Ka Oiである。島の東側は常に北東から貿易風が吹いておりHale Akala(マウイ島のシンボルの休火山で10023フィート/3055メートルの美しい山)に雲をかけて雨を(シャワーだが)降らせるのに対して、
こちら南西側は雨がほとんど降らず(降っても夜中にシャワーがあるくらいで)日中はいつも
サンシャイン。とくに、午前中は目の前のオーシャンはいつもコバルトブルー。
心が洗われる。
キヘイとワイレアは西にKahoolawe (無人島)、目の前にLanai島、右側に西マウイがあって
ここの湾は波静かで毎年鯨が好んで(子育てなど?)にやってくる。
Lanai島に架かる夕日は本当に美しく心洗われる。
この景色だけでもここにずっと住んでいたいと思う。
ここには数年住んだのだが、
オアフとは異なる島で(オアフもいい所だが)、私の第二のふるさとになった。
マウイを離れてからも毎年一、二回は「里帰り」するようになった。
日本からのマウイに行く観光客のほとんどは北西にあるラハイナに滞在する。
ワイレアはバブルの頃は日本人も滞在していたが最近はめっきり少なくなった。
キヘイはほとんど滞在しないし、あまり、知られていない。
私にとっては「心のふるさと」だから、偏った見方(味方???)でコメントするが、
ロコのように「暮らすように滞在する」なら
一度マウイ島のキヘイへどうぞ。Maui No Ka Oi.

0 件のコメント:

コメントを投稿